社員研修は社内研修と社外研修どちらにすべきか

大企業の多くで行われている社員研修は、社内で行うものと社外で行われるものに大別できます。
社内研修のメリットは、会社独自の内容が行えるという点が挙げられます。
一方、社外研修は自社にはない価値観が吹き込まれる点がメリットです。
また、知らないスタッフが行ってくれることで真剣に受講する人が増えたり、研修担当者の手間が格段に減ったりします。
どちらにもメリットはありますが、理念教育や新人教育のように社員研修内容が明確に決まっているのであれば社内研修、スキルアップ研修やマネジメント研修などプロの講師による研修が望ましい場合は社外研修にするといいかもしれません。
ただ、研修会社は多数あり、研修費用がかかることはもちろん、プログラム内容や講師を選ぶのに手間がかかることは覚悟しておかなければいけないでしょう。
それから、社外研修後はその内容を社員全員で共有することが大切です。
その上で業務への活かし方をディスカッションする必要があります。